院長よりのご挨拶

写真:梅ヶ丘産婦人科の外観

当院は昭和33年に創立された産婦人科です。地域の産院として年間500以上の分娩を取り扱ってきましたが、平成10年からは不妊クリニックとして生まれかわり、現在までに15000人を超える方に妊娠して頂いています。
当院の不妊治療の特長は、できるだけ自然に近い妊娠を目指すというところです。最近は体外受精専門クリニックが多くなっていますが、当院で妊娠された方のうち40%の方はタイミング指導などの一般不妊治療により、25%の方が人工授精により、 35%の方が体外受精などの生殖補助医療により妊娠されています。現在の不妊治療は体外受精を中心に行われていますが、私は不妊で悩んでおられる方の多くは人工授精までの治療で妊娠できると考えています。ただ、一般不妊治療に時間をかけすぎて、 体外受精に移ったときには体外受精でも妊娠できなくなるという状況は避けなければなりません。この治療法の使い分けができるだけ自然に近い妊娠に結びつくための鍵だと思っています。当院では長年のデータを解析しそれぞれの方が必要最小限の治療で妊娠して頂けるような治療方針をたてています。

写真:院長 辰巳 賢一

しかし、やはり体外受精などの生殖補助医療がどうしても必要な方も多くおられます。
当院では平成3年から体外受精を開始し、常に生殖補助医療の最先端の技術を取り入れてきています。 基本的には卵子が多く採れそうな方には排卵誘発剤を用いた調節卵巣刺激を行い、1回の採卵でいくつかの胚を凍結保存までしたいと思っています。
その方が自然周期より採卵あたりの妊娠率は高く、体への負担も結局は少ないと考えているからです。
当院は日本生殖補助医療標準化機構(JISART)に属しています。JISARTは生殖補助医療の厳しい実施基準を作り、それを遵守することにより治療のレベルを上げることを目的としており、当院は3年毎のJISARTが行う審査にパスしています。
また、平成31年4月より、国立成育医療センター不妊診療科長の齊藤英和先生を梅ヶ丘産婦人科ARTセンター長として迎えました。
齊藤先生は米国留学帰国後、山形大学体外受精チームのチーフとして、当時京都大学体外受精チームのチーフをしていた辰巳院長と日本最高の臨床成績を競っていた間柄です。その後齊藤先生は山形大学助教授を経て国立成育医療研究センターの初代の不妊診療科診療部長として難治性不妊症の臨床や後進の教育にあたりました。
一方、内閣府や日本産科婦人科学会、日本生殖医学会の要職を歴任し、日本のすべての生殖補助医療のデータ登録、解析の総責任者を務めました。当院では月~金の朝8時から12時まで診療を行って頂きます。
日本の生殖補助医療(ART)のトップの齊藤先生がスタッフとして加わることにより、当院のART部門が更に充実することになります。
当院の治療成績などは「当院の治療」のページに載っていますのでご参考にして下さい。
皆様が一日も早く妊娠できるよう、スタッフ一同全力を尽くします。クリニックで皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

梅ヶ丘産婦人科 院長 辰巳 賢一